英語の勉強法~文法編~

こんにちは、教務主任の中西です!

さて、今回は英語の勉強法~文法編~です。英語が苦手で、文法を一から復習したいという方はぜひ参考にしてみてください!

~文法~

①映像授業もしくは参考書でインプット

②学校の問題集を解く

③繰り返し復習を行う

やるべきことはシンプルですね。インプットとアウトプットを繰り返しながら文法を身に付けていきます。それでは、一つずつ解説していきます。

①映像授業もしくは参考書でインプット

特にどの授業でも参考書でも大丈夫です。いろんな授業や参考書を見てきましたが、大事なのは志望校に合ったレベルのものであるかどうか、先生や説明が自分に合っているかどうかです。

進める際は、途中の章から始めたりせず前から順に進めていくのが無難です。というのも、文法は章ごとに独立しているわけではなく複雑に繋がっているので、前の章の知識が無いと理解が浅くなってしまうといったケースがあります。

また、インプットする際は、ただ授業を聞くだけ・ただ参考書を読むだけでは効率が悪すぎます。キリの良い所で一度ストップして、そこまでに習ったことが頭に入っているか、自分で説明ができるかを白紙にでも書き出してみてください。授業を聞いた直後であったとしても案外書き出せなかったりするものです。

インプットが終われば次へ。

②学校の問題集を解く

例えば「助動詞」の範囲のインプットが終了すれば、学校で配布されている4択問題集の「助動詞」の範囲に挑戦してみましょう。

ここで注意したいのが、ただ問題を解いて答え合わせをして解説を読んで終わり!何となくで選んだけれど正解できたしOK!。こういう勉強をしてしまっている人はいませんか?

問題を解いた後に必ずして欲しいことが、「なぜその選択肢が正しいのか、なぜ他の選択肢が誤りなのかを説明する」ことです。理屈を説明できて初めて、その問題はクリアとしてください。(リーズニングと呼ばれています)

こうすることでその問題1問から余すことなく重要なポイントを吸収することができます。また、問題を解いた際には、不正解の問題または正解でも理屈を説明できなかった問題に必ずチェックをしておきましょう。

③繰り返し復習を行う

あとはチェックが入っている問題を繰り返し繰り返し復習することで、抜けなく知識を自分の物にすることができます。

復習する際も必ず「なぜその選択肢が正しいのか、なぜ他の選択肢が誤りなのかを説明する」。

以上が英文法の勉強法になります。おそらく文法だけで1~3ヵ月は必要になるでしょう。長い道のりになります。ですから、途中であきらめずに継続することが結局一番肝心だと思います。

シードタイムズの入試対策コースでは、どの教材で学習するか、ペースはどうするか、実際にきちんと身に付いているかなど、計画・ペース・定着度をこまめに面談をして管理していきます。

自分だけで進めるのが不安な人や、課題を設定された方が頑張れる人、結局何をすれば良いか分からないという人は、一度相談してください。

関関同立や国公立大を目指すなら、3年生になった時に基礎がおろそかであるのは致命的です。今始めずに放っておくと取り返しがつかないかもしれません。一日でも早く始めることをお勧めします。

迷い込む進路

こんにちは。シードタイムズ教務主任の谷垣です。

今回は進路に悩む生徒が続出する時期に来たので進路について少しだけ。

最近、シードタイムズでは進路についての悩み相談が増えています。高校3年生は出願する大学についての相談。高校2年生は文理や国立・私立の選択に加え、志望校についての相談。

それぞれ、悩みの種類は異なるので一括した話はとても難しいですが、方向性として

3年生には「1人で抱え込まずにね」

2年生には「1人でじっくり考えてみてね」と伝える様にしています。

3年生は今まで一生懸命に頑張ってきた努力を一旦横に置かれて進路の面談をされます。

中には数カ月前の模擬試験や学校の成績を基準に合格の可能性を一刀両断され、とても落ち込んでシードタイムズに来る生徒も居ます。なので、1人で抱え込まない様に配慮する事が大切だと考えています。今までしっかり頑張ってきた生徒は何かしらの打開策が必ずあるもので、それが功を奏するとE判定からの合格に結実するのだと思います。実際、シードタイムズではそう言ったいわゆる逆転合格をしたケースが何件もあります。ですので、受験で困ったときは必ず誰かを頼って欲しいですね。

2年生はまだ「受験するんだ」という当事者意識が(危機感が)薄い生徒が多いので、3年生とは逆に自分の問題から目を逸らさずにしっかり向き合って貰うために「1人でじっくり考える」事を薦めるようにしています。高校生の生徒にとって人生はまだまだ長く、これから成人した後、自分で決めていかなければならない事が更に増えていくと思います。難しく、正解のない人生の決断を行う受験というイベントは言わば大人への登竜門としての「人生の通過儀礼」ではないかと考えています。ですからしっかり今の自分と向き合って、受験をするという決定、どの学域、どの学部へ進み、どのレベルまで学力を「何のために」上げるのかという決定をして欲しいな・・・と思います。合格していく生徒はここをしっかり意思決定しているという傾向が強いので、本当に合格したい人は避けて通れない部分かと思います。講師として温かい目で生徒の成長を待つ時期でもありますね。

高校2年生が在籍している定期テスト対策コースとはそもそも「学校の成績を上げて受験に合格をする」という中学生の時の高校受験的な考え方の人のためのコース。もし、ここでやる気がでない!もっとビシバシやって欲しい!と言うのであれば「大学から要求される学力まで引き上げるための徹底学習」をする入試対策コースへの移動をお勧めします。

先生達が各生徒の学力に応じて演習をしてくれて一緒に週単位の計画も立てるので毎週の学習がより明確になり、学習の優先順位がハッキリ意識できて学力がとても伸びやすくなります。料金は今より上がりますが、それに見合う経験や体験ができると思います。シードタイムズの入試対策は「学校の生活と受験生としての生活の両立」ができる事が特徴なので学校生活を破綻させずにうまく受験したい人にはうってつけ。

世の中には様々なタイプの塾があるので、生徒には自分にとって一番いい選択をして欲しいですね。

いろいろな事を自ら考えて意志を固め、悩みの迷宮から抜け出せる9月にして欲しいなと思います。

それでは今日はこの辺りで。ご一読、ありがとうございました。

英語の勉強法~単語編~

こんにちは、教務主任の中西です!

前回は、英語の勉強は何から始めるかについてお話ししましたので、今回は具体的な勉強法についてお話します!

~単語~

①1週間に最低200単語ずつ覚える

②アウトプットの回数を増やす

③単語は書かずに目で見て覚える

細かいことを言えばまだまだありますが、とりあえずこの3つを意識してください。後から細かい工夫を取り入れていけば大丈夫です。

まず、①1週間に最低200単語ずつ覚える、ですが、200個と聞いて「多いな…」と感じたでしょうか??

特に何個づつやらなくてはならないというルールはありませんが、200個づつだと2000個÷200個=10週間(2か月半)で終わらせることができます。

100個づつだと5か月かかるので、初めの方にやった単語なんてほとんど抜けてしまうでしょう…

短期間で1周し、それから何周もしながら完璧にしていくのが良いでしょう。

次に、②アウトプットの回数を増やす、ですが、この理由は「単語は接触した回数が多ければ多いほど定着しやすいから」です。

例えば、初対面の200人の顔と名前を一致させなければいけないとします。この時、1日で1人と5分話すよりも5日に分けて1分×5日話した方が覚えられる気がしませんか?

単語も同じで、仮に1日30分間単語を勉強するとして、30分まとめてやるよりも朝10分、昼10分、夜10分と回数を増やした方が脳に定着しやすいです。

あともう一つ、あくまでもアウトプットの回数を増やしてください。インプットではなく。

単語帳を眺めて覚えた気になっても、本当に覚えられているかテストをすれば意外とできなかったりします。ですから、単語の意味を隠して必ず自分でテストしてください。

最後に③単語は書かずに目で見て覚える、ですが、別に目で見なくても口に出しても良いです。

先ほども書いた通り、単語は回数がカギです。書くよりも見たり読んだりした方が単純に回数が多くなります。常に回数をこなすことを意識してみてください。

①~③を意識して単語に取り組んでみてください!一にも二にもまずは単語からです!

英語は何から始めれば良い?

こんにちは、教務主任の中西です!

2年生の意識が上がってきているのを最近感じる、というのも、英語や数学の受験勉強って何からすれば良いですかと聞かれることが多くなってきました(^^)

この夏で意識が変わった証拠です(^^)

なので今回は、始めたいけれど何からすれば良いか分からないという人のために、英語の勉強法についてまとめます!

英語

英語においてやらなければならない事はザックリ分けるとこんな感じ。

①単語

②文法

③語法

④熟語

⑤英文解釈

⑥長文読解

※順番は特に意識する必要はないです(長文読解は最後、まずは暗記)

使うのは学校で配布された単語帳・問題集でOKです。

こうしてみてみれば大したことないように見えるかもしれませんが、注意すべきは一つ一つ量が大量であるという事。

例えば①単語ですが、難関大なら約2000語を覚える必要がありますし、②③④は3つ合わせると、1244問あります。(ネクストステージの場合)

英語の成績がすぐには上がらない原因がここにあると思います。1周するだけでもどうしても2,3か月はかかるでしょう。

ですが、①~④をしっかり頭に入れられれば、経験上 偏差値は5~10上がります。そうすると、模試の判定も一つは上がるでしょう。

想像してください。今から3か月後に判定が一つ上がっているのか、それとも横ばいなのか…

やるべきことは至ってシンプルです。そして、1日当たりで考えるとそれほど大した量でもないはずです。

2000÷90=1日約23個、1244÷90=1日約14個

もちろん、1周して終わりではないので復習も必要ですが、1時間もあれば十分こなせる量だと思います。(知っている単語・文法もありますからね)

部活終わりで疲れている上に宿題もあり忙しいのは分かりますが…不可能ではないはず。まずは動き出しましょう。

ということで、細かい勉強法や実際にどうやって覚えるのが効率的かについては、次回書こうと思います!

2年生はそろそろ受験。塾をどうするか。

こんにちは。シードタイムズ教務主任の谷垣です。
今回は地理攻略シリーズを一旦お休みして、そろそろ始まる受験に向けてのお話を。

秋口になれば一般的な高校2年生達は入試に向けた準備を始める時期になります。
そこで、様々なスタイルの塾が存在する昨今の受験業界で迷いが生じている生徒達も多いと思いますので、復習の意味も込めて現在ではどの様な種類の塾があるのか?私の知る限りですが簡単に記載しておきます。

大きく3つ。
・個別指導型
・集団授業型
・自立学習型

[個別指導型]
完全個別(1対1)とそうでない個別(1対2や1対3 *講師1人で生徒は複数)が存在
個別のペースでやってもらえる所が多いので、自分のペースでやりたくて、本当に基礎からやりたい!という人におすすめですね!
[集団授業型]
河合塾・駿台予備校・四谷学院・研伸館などがこれに当たります。
大手では、いつも「受験をするぞ!」という雰囲気が漂うので、そういう雰囲気を望むならこれですね!授業が学習のペースメーカーになってくれるはず!
[自立学習型]
武田塾(全国)など
近年、認知されるようになってきたスタイルの塾。
自分の学習に専念したいという人はこれ!自分で自分に課題を課せる人におすすめ!

すごく簡単に書かせてもらいましたが、それぞれに良さがあるので、自分に合った塾を選んで欲しいですね!

では、我らがシードタイムズはどこに属するのか??
シードタイムズでは集団でのミニ授業もやっているのでいっそう分類が難しくなりますが、強いて言うなら自立学習と個別指導のハイブリット型と思って貰えればいいかと思います。

志望校までの年間計画をたてて後は頑張れ!というのではなく、定期テストや部活との兼ね合いを見ながら1週間の学習量を調節して「学校の生活」と「受験勉強」を両立しながら学習を継続できるようにしています。
ただ、「週に3日は自分の足で通う」という意志がないと自立学習型は厳しいかと思いますので、この辺りを基準にしてみるのも1つかも知れませんね!
もし通えるなら、きっと自立学習型に合うでしょうし、成績の伸びも大きく成果として返ってくるようになると思います!

2年生の秋に入る塾は高校卒業まで継続する場合が多いです。大いに悩んで、ぜひ自分にベストな塾や学習スタイルを確立して欲しいですね!

高2生高3生が9月に必ずすべき事

こんにちは、教務主任の中西です!

夏休みも終わり、9月になりました。公募推薦まであと2か月弱。10月からはただでさえ学校の授業や行事で時間がない中、過去問演習・過去問分析・解き直しに勉強時間のほとんどを費やさなければなりません。

つまり、腰を据えて基礎固めできるのは9月がラストチャンス。もちろん8月で基礎固めが終わっているのが理想ですが、まだ抜けがある人は必ず9月中に完璧にすることが求められます。

のんきに構えている暇はもうありません。必ず9月中に基礎を終わらせましょう!!

逆に言うと、2年生がいま受験勉強をスタートした場合、あと1年間を基礎固めに費やすことができるということです。1年あればかなり頑丈に基礎を固められると思いませんか?

今始めずに仮に高3の4月から始めた場合、その期間は6か月と半減します。

単純に今始めるのと4月に始めるのとでは2倍の勉強時間の差があるという事。その分合格可能性が上がるのは言うまでもありません。

毎度毎度この話ですが、難関大を目指す2年生は今すぐ目覚めてください。

焦ってはいるけれど何からすれば良いか分からないという人は、ぜひ相談に来てください。志望校さえ決まっていれば意外とやるべきことはシンプルです(^^) あとは走り出すだけ。

共に頑張りましょう🔥

夏休み残りわずか!

こんにちは、教務主任の中西です!

夏休みも残り1週間ほどとなりました!

9月に入ってからは学校行事・授業・定期テストで、自分の勉強に使える時間は半減しますので、腰を据えてじっくり勉強できる時間はもう残り少ないです。。。

なので、3年生は1分1秒を大事にやるべき事に集中しましょう!!

難関大を目指す2年生は、もう目覚めてますよね??焦っていますよね??まだ焦っていないとしたら、焦ってください。

既に始めている人にアドバンテージがあるのではありません。難関大を目指す人はもう始めていて当たり前です。

既に本気の人からすればどうでも良い話ですが、まだ本気でない人へ、ライバルはもう走り出していますよ!!

かといって何も難しいことをする必要はありません。とにかく基礎を徹底して固めるだけです。学校でもらった単語帳・文法問題集・青チャートでOKです。

もちろん量は多いですが、量が多いだけに早く始めないと定着しません。

とにかく基礎を徹底する!(うるさいくらい言います🔥)

それだけで偏差値は上がります。

時間はありますから、できるはず。あとは自分の気持ち次第。夏休みももう終わりです。1日でも早く本気になることをお勧めします。

今回も2年生を鼓舞するブログとなりました(^^)

勉強時間の差は意識の差

こんにちは、中西です!

夏休みも折り返し地点を超え、残り半分となりました!

8/1から8/11までの3年生と2年生の通塾時間の平均データを見比べてみると、、、

3年生:7時間33分

2年生: 3時間23分  (通塾時間÷通塾日数の平均)

印象としては、3年生は昨年に負けず劣らず頑張ってくれていますね!2年生も部活で忙しい人がほとんどなので、頑張っていると思いますが・・・

ですが、この4時間の差は単なる勉強時間の差を意味するだけでなく、受験に対する意識の差を意味していると言えます。

正直、難関大を目指すなら、2年生の今から3年生と同じくらい勉強する意識が欲しいです。

というのも、難関大を受験するライバルたちは、進学校で既に受験勉強を始めている人や、浪人生で朝から晩まで勉強している人たちがライバルだからです。

そろそろ7月に受けた進研模試の結果が帰ってきている頃ですが、第一志望がC判定以上出ている人はほぼいないのではないでしょうか?

つまり、もう既にABC判定の人たちに遅れをとっているということです。

ライバルは前を走っている人たちであることをしっかり自覚し、ここから追い抜くべく、一日一日を大切に残りの夏休みを過ごしてください!

千里の道も一歩から・・・

夏期講習2週間経過!

こんにちは、教務主任の中西です!

夏期講習が始まって今日でちょうど2週間!

見ている感じ、みんな単語、熟語テストに苦戦している様子、、

英単語は週200個、英熟語は週50個のペースでテスト中ですが、学校の小テストよりもはるかに速いペースですし、ペースに追いつくのが精一杯という感じ。

ただ、週200個がとてつもなくハードなペースなのかと言えば、そうでもないです。

実際3年生は、4月の学校も部活もある時でも200個はこなしていますし、7、8月には週500個はみんなこなしています。

なのでみんなにはこのペースまで自分の勉強の基準を引き上げてもらい、合格する人の基準で勉強して欲しいと思っています。

小テスト以外の課題もハードな内容ですが、夏期講習を受けたからには何としてでもこなしてください。必死でついてきてください。

大学受験は倍率4倍が当たり前の世界。100人中25人しか合格できません。合格するためには単純に、同じ志望校100人の内上位25人に入る勉強量をこなす必要があります。

特に難関大を目指すなら今から勉強習慣をつけないともう追いつけなくなります。

8月が終わったころには勉強量では負けていないと思えるように、残り3週間を大切に過ごしましょう!!

高2理系に現代文の読み方をレクチャー!

こんにちは!
教務副主任の三浦です。
夏期講習が始まりましたね。私は現代文と英語の演習を担当しています。

普段は高校3年生の演習・解説を担当しているので、高校2年生への演習・解説は初めてです。

担当の生徒達は理系で、英語や現代文に苦手意識を持っているようでした。特に今日の演習は難解な文章を出題したのでかなり手こずっていた様子…
内容が難しい文章でも接続詞や指示語などをヒントに解答に辿り着けるよということを伝えたかったのですが、少し難しかったかもです。来週は本日取り組んだ内容の復習から入ろうと思います。