国公立 出願開始!

こんにちは、教務主任の中西です!

共通テストが終わり、先週は塾生と出願校について面談をしていました。

出願校の決定は

・共通テストリサーチの判定(A・B・C・D)を見る

・共通テストボーダーと自分の点数を比べる

・二次試験での必要得点率を計算して、自分に取れそうかを考える

などなど判断材料はいくつもありますが、結局最後は本人次第です。

過去のデータを見れば、A判定でも落ちている人はいますしD判定から受かっている人もいますので、100%安心はありません。

(昨年度の合格者不合格者の分布が公開されています。https://banzai-pm.keinet.ne.jp/dl_data/freemenu/data/university/2023/01/univ0107.pdf

ちなみに塾生の結果としては、ボーダーを超えている生徒、ボーダーとトントンの生徒といった結果で、運が絡むこの共通テストでうまくいって良かった・・・と安心しています!

共通テストボーダーとは合格可能性が50%となる得点率のことで、合格最低ラインのことだと勘違いしている人もいましたが・・・

私個人の感覚で言えば、第一志望のボーダーに届いていたなら「確率は半々!受けなきゃもったいない!」と思ってしまいますが、ここは本人の考え方次第です。

情報、判断材料は十分に渡せたと思いますので、あとはじっくり自分で考えて出願して欲しいと思います!

(国公立は前期・中期・後期すべて出願は同時で、1/23~2/3までです)

 

また、私立入試前期がいよいよ今週末から始まります!これまでも対策はばっちり行ってきましたが、最後まで気を抜かずに対策とメンタルのサポートもしっかり行ってまいります!!

独りよがりな勉強をしない!

こんにちは!講師の有木です。

共通テストを受けられたみなさん、本当にお疲れ様でした。
自己採点結果に一喜一憂しすぎることなく、今まで通り勉強を続けてもらえればと思います。

そしてこれから、どの大学を受験するにしてもとても大事な時期にさしかかってきます。
いよいよ学校に行く日も少なくなり、今まで以上に受験の緊張感を抱く人もいるのではないでしょうか。一人で勉強していると、さらに不安になったり焦ったりしてしまうこともあると思います。

そういうときほど、周りの友達はもちろん、講師にもぜひ頼ってほしいと思っています。
私立大学の一般入試や国公立大学の二次試験に見られる記述式の問題も、模範解答だけでなく周りの人の客観的な意見を取り入れることで、新しいヒントが得られるかもしれません。

そして何より、人と話すことで気持ちが楽になることもあります。そういった時間も、受験を乗り越えるために必要だと私は思っています。

勉強の時間ももちろん大切にしつつ、ぜひ息抜きの時間もとってくださいね。

講師一同、みなさんが入試本番を無事に迎えられること、そして全力を発揮できることを願っています!

共通テストで問われる「思考力」とは?

こんにちは!教務副主任の三浦です。

いよいよ共通テストが始まりますね。

この時期になると自分が受験生のころを思い出します。
とても不安でめちゃくちゃ焦っていたのを覚えています。

受験生の皆さんも不安や焦りがあるかもしれないですね。

そんなときは是非身近な人とお話ししてみてください。

自分の不安を受け止めて励ましてもらうことはとても大切です。

また、受験生の周りの方も是非少しでいいので声を掛けてみてください。

ちょっとの励ましや応援がとても力になるはずです。

 

さて、今日は「思考力」と「論理的思考力」について書きます。

共通テストでは「思考力」を問う傾向が強くなっていると言われていますよね。

また、本屋に行くと、ロジカルシンキング、思考力に関する本が店頭に並んでいるのを見かけます。

テレビやネットなどでロジカルシンキング、論理的思考というキーワードを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

一般に「思考力」と「論理的思考力」はごっちゃになって考えられているように思います。

しかし、実はこれらは異なる能力です。

「思考力」は思い付きの力であり、「論理的思考力」は思い付きを他者に理解してもらえるように、筋道立てて、無駄なく再構成する能力だといえます。

例えば、エジソンが電球を発明するためには思い付きの能力が必要であり、一方で電球の作り方を説明するには論理的思考力が必要となります。

さて、ここまで思考と論理的思考の違いについて説明してきましたが、受験生に必要とされる能力は圧倒的に後者です。

共通テストで問われるのは後者の「論理的思考力」であり、思い付きの力を試されているわけではありません。

そして、電球の作り方は訓練すれば誰でも説明できるように、論理的思考力は訓練すれば誰でも伸ばすことが可能です。

「論理的思考力」とは「説明力」であるということ。

単なる丸暗記ではなく、「説明できるかどうか」を意識して日々の勉強に取り組むことが、これからの入試に対応する力を身に付ける鍵になります。

と長々書きすぎたので今日はこのへんにしておきます。

今週はついに共通テスト本番!!

こんにちは、教務主任の中西です!

ついに今週末は共通テスト本番です!!

この時期になると毎年ソワソワしますね(^_^;)

シードタイムズでは3年生向けの冬期直前講習は行っていません。
(この時期は色んな塾でよく見かけますが・・・)

なぜなら、共テ対策や志望校対策は一人ひとり個別に9月10月から計画的にやってきているからです。

なので、今更特別焦って講習をする必要もなく、ばっちり対策済みです!
あとはいつも通りの実力が出せれば全員大丈夫です(^^)

2年生は共テまでちょうど一年となりますが、実際は一年も無いと考えるべきです!

というのも、前述の通り入試対策を夏明けから始めていくためには、夏までには基礎を固めておく必要があるからです。

夏までに基礎を固めるためには、7月までに一通り基礎学習を終了させ、8月夏休みに総復習する流れが理想です。

つまりまとめると、7月末までに基礎を終わらせ8月で総復習、9月以降に志望校対策といった流れです。

基礎学習のための残された時間は、実はあと7ヶ月程ということになりますよね。

シードタイムズの2年生は、基本的にはこの計画に基づいて学習を進めています。

多少進度に差はあれど、夏までには必ず基礎を仕上げるよう逆算して進めていますので、みんな信じてついて来てくださいね!!

全員で第一志望合格しましょう(^^)

受験勉強はいつから始める??

こんにちは、教務主任の中西です!

早いもので今年も終わりが近づいてきました!

この時期になると3年生の受験が近づいてくることもあり、2年生が受験を意識しだす頃ではないかと思います。

年末に塾を探す人や年明けに動き出す人もいるかと思いますが、いずれにせよこの時期のスタートでは出遅れていると言えます。

早い人は夏から既に受験勉強を始めているからです。

仮に受験勉強のスタートが3ヵ月遅れたとすると、その遅れはどれくらいのものなのでしょうか。

平日の勉強時間が4時間の人に対して2時間しかしていない。

土日の勉強時間が8時間の人に対して4時間しかしていない。

1週間で18時間の遅れ、3ヵ月で216時間の遅れとなります。

200時間以上の遅れを取り戻すにはかなりの勉強量が必要となります。

例えば、

平日の勉強時間が4時間の人に対して6時間勉強する。

土日の勉強時間も8時間の人に対して10時間勉強する。

これで1週間で14時間の挽回なので、216÷14=約15週間=3ヵ月半以上かかる計算になります。

これだけハードに勉強しても、単純計算で追いつくまでに3ヵ月半かかってしまう訳です。

仮に今の時点で志望校A判定が出ているなら多少サボっていても問題なさそうですが、E判定の人はただただ突き放されていくだけです。

脅すわけではないですが、行きたい大学がある人は今すぐ始めましょう。

受験の鉄則は、「早く始めて量で押し切る」です。

合格校の途中経過報告!

こんにちは、中西です!

公募推薦の結果がほとんど出揃いました!指定校推薦も含め、今日までの合格校です↓

関西大学 総合情報学部

近畿大学 経営学部

龍谷大学 社会学部

追手門学院大学 心理学部

追手門大学 経営学部×2

大阪工業大学 工学部

摂南大学 理工学部

大阪成蹊大学 経営学部

今年の産近甲龍・追手門学院大はどこも志願者数も増え合格最低点も上がり、昨年の公募推薦よりも難易度が上がっている気がします…

過去問と比べ試験問題も明らかに難しくなっているようです。

そんな中でも合格を掴み取ってきた塾生たち、おめでとうございます!!

公募で終わる生徒もまだまだ続投する生徒もいますが、とにかく過去問演習と復習を繰り返しながら最後の最後までサポートしていきます!

周りの友達が合格を決めて焦っている人もいるかもしれませんが、他人は他人、自分は自分。

全員が合格を手にできるわけではありませんが、途中で挫折した人には合格は訪れません。

結果はどうであれ、チャレンジし続けてください。

決して諦めることなく最後まで自分を信じてやり切りましょう!!

志望校を決定することの必要性

こんにちは。シードタイムズ教務主任の谷垣です。

 

今回は志望校を決定する事の重要性についてのお話を。

早速ですが皆さん、志望校は決定していますか??

 

志望校の決定とは多くの受験生にとって初めて人生の方向性を「選択」すると言う一大イベントにあたります。

ですので、志望校の決定には多くの下調べを必要とし、また多くのストレスが加わるため割と先延ばしにしがちですよね。

よく聞くのが、「志望校なんて将来の夢と同じでみんな決まってないまま何とか進んでいくもんだよ!」と言う類の意見です。

これはある種、受験の実際を如実に表している言葉だと思いますが、親御さんによく見られる意見です。受験を経験した者として、とても共感します。

またこう言う意見も耳にします。「志望校を決定する代わりにとりあえず偏差値を伸ばして選択肢を広げます!」こちらの意見は主に生徒側からよく聞く意見で、実際ものすごく多いと思います。

親御さん達の「そんなもんだよ。」と言う前者の意見は受験生にとってある種の救いとなる様な励ましも含まれている事だと思いますが、生徒側の「とにかく偏差値優先」の考え方に関して言えば、気持ちは分かるのですが受験上の危険を孕んでいると思います。

と言うのも、偏差値が上がれば合格の可能性が上がると言うことは事実ですが、どれだけ合格の可能性が上昇するか?に関しては考慮されていないからです。

例えば、パスナビで関西大学(関大)・関西学院大学(関学)の偏差値を比較してみると経済学部では関大が偏差値55~60 関学が52.5~57.5です。

上限の偏差値はどちらも共通テスト利用入試の偏差値であるため、実質的に多くの受験生が目標とする一般入試での偏差値は

関西大学(経済)55  

関西学院大学(経済)52.5

だと思います。

多くの受験生はこの数値をある程度の目安として受験をする事になりますが、これら2大学の英語に着目すると、過去問の傾向が大きく異なります。

ザックリ言うと関西大学は文法専用の問題がなく長文がメイン。関西学院大学は文法専用の問題が大問2つ分(文法4択と並び替え)含まれています。

つまり、模試で偏差値が52であったとしても、文法が苦手である場合、本人の相性もあるでしょうが、より偏差値の高い関大の方が合格しやすい場合も出てくるでしょう。

結局、偏差値でみると合格できそうだが、実際に過去問を解いてみると相性が悪く、難しかったと言う事も大いにあり得る訳です。

シードタイムズでは3年生の春休みに過去問を解くので心配はいりませんが、多くの受験生は夏休みが過ぎ体育祭が終わる10月以降にようやく過去問を解く事になります。

体育祭が終われば一気に入試のプレッシャーがかかってくる時期になるので、その時期に過去問の傾向を掴み、志望大学の傾向や設問難易度に合わせていく作業はとてもストレスが多くなり本当に苦労すると思います。

つまり、これらの事を加味すると偏差値基準の入試計画は落とし穴があると分かって貰えると思います。

そんな落とし穴に嵌まらない様に、予め志望校を選定しておく必要性がある訳ですが、志望校選定にも大切な要素があるので気になる人は別記事の「志望校の決め方」を読んで参考にしてもらえたらと思います。

塾講師として多くの生徒に関わる中で、志望校はその受験生のポテンシャルを表している事が多いと思っています。

不思議な事に、スタートがどんな偏差値であっても志望校を決定し、勉強を決意した上で勉強に時間を掛ければ、一見不可能に見える難関大学でも合格していきます。

そもそも、志望校決定は入試において避けては通れない道。他人の言に惑わされない事、他人の意見に素直に応え柔軟な決断を下す事、意思を固める事。

様々に相反する事を様々な人に求められるでしょう。

ですが人生は1度きり。

であれば妥協せず自分が納得できて悔いの残らない様なよりよい道を選択して欲しいなと思います。

新しい大学受験について

こんにちは、中西です!

先週の土曜日は、大学入試について多数講演されている予備校講師の野田先生をお招きして、新しい大学受験についてお話しいただきました。

学生時代にこんなお話を聞けていたら考え方がまるで変っていただろうな、と思うほど濃い内容でした…

今回参加していない方にも必ず勉強になるお話だと思いましたので、ざっくりと内容を共有します!

 

・大学入試超難関時代
~高校3年生4月の時点の第一志望を実際に受験する学生はたったの4%~

これには塾生・保護者様も含めみなさんびっくり。

合格した学生ではなく、受験した学生が4%です。

そのうち合格できるのは30%くらいですから、高3の4月時点での第一志望に合格できた学生は、全体のたったの1.2%ということになります(驚

とはいっても、日本全国の学生の総データですから、偏差値40の高校も70の高校も含まれているわけです。

一般的には第一志望合格率は約10%くらいであると言われていますね。それでも現実はなかなか厳しいです。

 

・大学入試の変遷
~知識重視型から、思考力型の問題へ~

時代の進化と共に社会から必要とされる能力も移り変わっていきます。

それに伴い試験問題の内容も変わってきています。

多くのことを知っていれば点が取れる時代から、文章を読み解き自分で考え、答えを探さなければいけない思考力型の問題に変化してきています。

顕著なのが、大学入学共通テストですね。

共通テストの数学の問題の文字数はセンター試験と比べて1.5倍に増えたそうです。

多くの情報を多面的・多角的に分析し、正確に処理する能力が必要とされているということです。

 

・思考力を育むには
~読解力が全教科の根本~

大学入試の参考書は、解説が非常に丁寧です。

当たり前ですが、分かりやすい程売れやすいのでしょう。
(大学の教科書の解説を始めてみたときはその差に驚いた記憶があります。そもそも答えすら載っていない事も多々)

この上なく分かりやすく丁寧に書かれた大学入試の参考書の解説を、自力で読んで理解することができず先生に教えてもらおうとする学生は、読解力も鍛えられなければ思考力も育ちません。

仮に大学入試を突破できたとしても大学のそっけない解説についていけないかもしれません。
(優しく丁寧に教えてくれる教授もほぼいません)

読解力をつけるには、たくさん読むことです。

世の中には分かりやすく解説された本が溢れかえっていますから、自分で調べて自分で読んで自分で考える。

時間がかかって遠回りのように思えるかもしれませんが、読解力が身に付けば自学自習の効率が上がるので結果的に近道になります。

とにかく、自分で調べて自分で考える。

 

当日はまだまだ紹介したいお話がたくさんありましたが、ここでは紹介しきれませんので今回はこの辺で。

公募推薦入試開始!!

こんにちは、教務主任の中西です!

19日(土)、20日(日)は公募推薦入試本番の人が多かったですね。みんなお疲れ様です!!

近畿大学を受験した人は多いと思いますが、英語に関しては例年にも増して難しかったという声が多いですね・・・

反対に国語はいつもより簡単だったそうです。英検などの外部試験を利用する人は英語70点が確定しているので有利になりそうですね。近畿大学はこれからも難化していくような気がします。。

そんな中でも塾生たちはみんな全力を出し切れたようで、教室はまだ明るい雰囲気。みんな次の入試に向けて切り替えて今日からまた頑張っているので、とりあえず一安心。。

3年生は結構仕上がっていて、過去問演習の結果も合格点に達しているので、合格に必要な学力は十分身に付いていると思います。

ただ、入試は何があるか分かりません。マークミス、問題の読み間違い、計算ミス、本番のど忘れ、体調不良、時には運も関わります。

最後まで気を抜かず今までやってきた事の復習を徹底する。一つでも多く単語を見直しておくこと。これまでの努力を見ているからこそ、みんななら大丈夫と信じています!

そして、公募で受験は終わらない事を忘れずに!公募で合格するのは一般で合格するよりも難しいですから、終わったらすぐに一般に向けて対策を再開しましょう。一息ついているとあっという間に一般が始まります。

今週は23日・24日が追手門大、土日は龍谷大とまだまだ続くので気が抜けない・・・一人ひとり声を掛けながら最後までしっかりサポートしていきます!!

やらなくてもいい勉強は存在するか?

こんにちは。シードタイムズ教務主任の谷垣です。

今回はやらなくてもいい勉強について。

皆さんは表題の件についてどう思いますか?個人的な見解としては、「合格するための勉強」という切り口で勉強を考えると、やらなくてもいい勉強は存在すると思っています。

ただ、その理由として、自分の受験には必要ないからこれはいらない!だからいらない勉強は存在する。というものではなく、「受験において基礎から大きく離れる問題やその解説は、得点を積み上げるための学習としてあまり旨みがないから」という理由によるものです。これを換言すると、「深追いすべきではない設問や解説の内容」が存在するとなります。

今、この時期(10〜11月)の3年生は高校生活の中でも一番勉強をする時期だと思いますが、演習などの際に答え合わせで間違った問題を掘り下げて知識の深追いをすると、勉強しているのに学力が伸び悩むと言うスランプの様な状態に陥りがちになります。

学習の深掘りは、そもそもできる時期とできない時期があって、深掘りするタイプの学習は時間に余裕がある時期(高校3年生の夏休みまで)にある程度終わらせておかなければなりません。

つまり、今は問題を深掘りする時期ではなく、深掘りをしてきた内容を復習して定着させて学力として完成させる時期であるため、本来的にこの時期の学習は知っているけど忘れてしまった内容の復習になるはずです。

つまり、深追いすべき問題とそうでない問題の分かれ目はここにあって、何度も繰り返し学習した問題集に載っていない様な事柄を聞いてくる設問は、例えそれが過去問であってもあまり深追いしなくてよい事になります。

(もちろん、本来は幅広く勉強して学識を広めて欲しいです・・・!)

深追いしなくて良いということは、他の受験生が解けない問題を正解できなくてもそれが直接的な原因となって不合格にはならないことからも分かる通りですが、他方で、別の見方をすれば不要な学習をしない代わりに基礎を繰り返し、学力として修得することが大切であり、何度も繰り返して学習した問題集があればその問題集がその人にとっての「基礎」になるということです。

つまり、しっかり考えて受験に取り組んでいる人は「基礎とは、あなたが受験会場に持って行こうと思っている問題集に載っている内容」としても良いでしょう。

なので、基礎と言っても人によって指す内容が異なる理由も一意的にはここに由来すると思っています。一般的に深追いすべきかどうかの判断基準はとても難しいですが、原則として基礎を中心に復習すればきっちり合格できる場合がとても多いです。

この考えだと問題集の難易度がバラバラなのでしっかり考えて問題集を選んでいない人には当てはまらないと思いますが、それだけ問題集選びは大切であるとも言えますね。

ですから、これから受験を始める1・2年生が問題集を選定する際は、受験期にそれが自分の基準(自分が思う基礎)になることを十分意識して選んで欲しいですね。

以上、やらなくてもいい学習に関するお話でした。

今回もご一読、ありがとうございました。