~指定校推薦~

教務主任から連絡が入る。

伊丹西高・市立伊丹高の生徒が指定校推薦で関西大、近畿大が決まった。

本人たちは喜んでいるし、保護者様は尚更のこと。

近年の流れとして、指定校推薦・公募推薦の合格者が増加の一途である。

いろいろな制度の矛盾もあるが、文科省の方針、各大学の生徒確保の観点から仕方がないところではある。

だからこそ、高3になったら頑張るでは全く遅くて、高1、高2からコツコツと勉強して、学校の中で成績上位をキープする。いわゆる評定を上げる定期テストに向けた学習が必要である。

過去10年、高校生たちの進路に携わってきたけど、

伊丹北高、県立伊丹高、市立伊丹高の成績上位の子たちが、人気のある関西学院大、関西大、甲南大に指定校推薦でたくさん入学していくのを見てきた。

成績が落ちたから塾に行くのではなく、成績をさらに上げて維持する、勉強の方法を学ぶ、勉強のモチベーションを上げるために塾にいかせる親が、最終的にはコストをかけずに、子供を志望大学に合格させる道をつくる。

なので、繰り返しになるけど、

高1生においては、まず学校の成績を上げる。
高2生は1日でも早く受験モードに入る。だって、公募推薦まで、あと1年しかないんだし💧
早く眼を覚まして本気になろう⚡  

1日遅れるたびに、ライバルに差をつけられるし、志望校合格の可能性は低下する。
部活も大事だし、デートも大事なのはわかる。
だけど、限られた時間の中で精一杯の努力をしてほしい。

夢を現実に (^_-)

保護者懇談をして・・・

昨日は高2生のお母さんと生徒、私と谷垣さんの4人で懇談をした。

お互いが自由に発言をしながら、今後どうするのか? したいのか?を話し合った。

谷垣さんは個別で千葉大、神戸大、徳島大医学部、近大医学部、鹿児島大はじめ多くの国立大にたくさんの生徒を合格させてきた実績もあり、、その徹底した指導により生徒たちの偏差値を大幅に上げて、俗にいう「奇跡」を何度も起こしてきた・・・

なので、本気でやれば<奇跡>は起こせるし、大学入試は自分次第でどうにでもなるんだから、志望校は高めにしてトコトンやるべき派である。

なので、今回も「彼女に本気で大逆転を狙うに行こう❢」とマジで誘う💧

私はあと1年半しかないのに、国立狙いで6教科に取り組むより、苦手な数学は捨てて、私立文系の難関大を今から狙うべきだと考えていると率直に提案した。

英語と国語はセンスがあるので、今から磨けば、関大・関学大の難関学部も視野に入れることができると提案した。

しかし、国公立大を本気で狙いに行く場合は今から1年半以上、すべての時間を勉強に充当して倒れる寸前まで志望校合格に邁進する必要があるのだが、果たしてできるのだろうか? それは現実的なのだろうか? でも、今の遅れぐらい(汗)からすれば、それが必須条件でもあるし・・・・

とりあえず、週末ゆっくり考えて自分が納得できる答えを自分でみつけてくるようにお願いした。
ちなみに、そのやりとりをお母さんはすべて見ており「すべては娘に任せます❢」というお言葉もいただいている。

さて、来週はどんな展開になっているのかな?

他の高2生の保護者様へ

前回の説明会でもお話した内容と重複しますが、

国公立大を本気で狙う人は早めに連絡をください。1か月遅れると、その分だけ可能性が低くなります。
また、時期的に間に合わないと思われる生徒の国公立大コースへの変更はご遠慮いただく場合もあります。

偉そうなことを書いてしまい申し訳ございませんが、人気大学の入試はかなり厳しいのが現実なので、ご容赦のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m

あと少しでひと皮むける(はず)

河合塾の山本先生に個別指導の合間に質問した。

私「尼崎稲園高の子の様子はどうですか?」

先生「センスはすごくある。今からしっかりやれば神戸大ぐらいは大丈夫な感じはするけど、嫌いなことは絶対にやらないので、そこをどうするのか? ここを乗り越えない限り、神戸大には到達しないよね・・・」

うーん。よくあるケース。

確かに自分流のやり方を見つけるのは大事だし、自分がやりたいように勉強しているのも悪くない。だけど、数学一筋38年の大学受験のプロ中のプロが1対1の個別で本気で伝えていることは、とりあえず、やってみてほしいかも~💧
逃げている限り、絶対に成績は伸びないし、神戸大以上の大学に行きたいのなら、乗り越えないとダメな壁がある・・・
まだ、2年生だから時間はあるけど、早くから仕上げた方が自分が楽なんだし~

あと、高2生がひとり退塾することになった・・・

これからと思っていたところだけに少し残念だが、退塾まで残り1カ月ちょっとあるので、その間はしっかり指導して彼女が復活するための基礎・土台となるべく指導をしてほしい。
高2生は受験まで先が長いので、やる気が出たり出なかったりと気持ちが揺れる時期でもあるが、私から言わせれば、95%の生徒は最後の最後には大学に行きたい。となる💧
しかも、有名な人気のある(?)大学に行きたい❢となる。だからこそ、少しでも早く取り組んだ方がいいと思う。

早くからスタートした人から合格が決まるので・・・

工事完了❢

365日勉強したい。スタッフ不在時も教室で自習をしたいという生徒たちのための準備が整いました^^

そこで、一番重要なのは「安全性の確保」

といことで、警備会社と契約して、何かあった場合は警備員がすぐに駆け付ける契約をしました。

そして、次に1Fのドアに指紋認証・カードによる電子錠をつける工事をして、部外者は完全にシャットアウト⚡
さらに2Fのドアにも電子錠を設置してWで防犯対策。

極めつけは防犯カメラ。共用部分の階段、自習室、カフェコーナー、フリールーム各1か所の計4台を設置。
クラウドで1週間分づつ24時間録画できるタイプです^^

便利になるのはいいけど、まさかの事件が起きては元も子もないですからねー。

合言葉は伊丹・宝塚エリアの高校生専門塾で「地域NO.1」になること。

質の高い生徒も集まってきてるし、かなり順調です^^

すべては自分の意識と言葉から・・・

受験生の眼がさらに本気になってきた❢

これが、9月、10月になると、さらに本気度が上がる。

今でも教室の空間は「いい感じ」で漲っている。

勉強するうえで、この緊張感と雰囲気はかなり重要だと思う。

さらに、講師たちの本気と願いや想いが、生徒たちに伝わり教室全体に波及する。

俗にいう「場の力」というやつだろう^^

講師の皆さんの生徒一人ひとりに対する想いの賜物だなぁー。皆、ありがとう^^

そして、いい雰囲気ができているので、これからは具体的には生徒一人ひとりの学力(偏差値)をズバッと上げるのが私たちの使命⚡  

まぁ、ほとんどの生徒が数ヶ月で成績が上がってるけど、さらに上げたいよね?

とくに、夏期講習参加メンバーは覚醒してほしいし、覚醒できるカリキュラムにしている。

そして、生徒の皆さんへのお願い事項

夏期講習会のキックオフ説明会でも伝えたけど、未来は思考と言葉で決まっていくので、常に自分の言葉に意識することをお願いしたい。 もうひとつ最後に一番大事なことは「絶対できると自分を信じること」

自分が信じられない人が成功することはまずありません^^;

生徒の皆さんがこの夏に成長してくれることを信じながらお祈り送ります❢

保護者様向け入試説明会を開催しますm(__)m

8月27日(土)の夜に高1、高2の保護者様を対象に「入試説明会」を開催します❢

保護者様への案内文抜粋

日時:8月27日(土)20時~21時半
対象:高1、高2生の保護者様
内容
・大学入試の制度、情報など
・前期のシードタイムズの合格実績
・今期のシードタイムズの受験生の状況
・新コース・新オプションの内容
・質疑応答
・個別相談会(希望者のみ)

いろんな塾や予備校があるけど、うちの塾は常に内容をオープンにして保護者様とも常に連絡を密にしていきたいと考えております。保護者の皆様、お忙しいとは存じますが、万障繰り合わせの上、ご参加よろしくお願いいたしますm(__)m

追伸
姉妹塾の誠心館の保護者様にもお声がけしました❢

誠心館の生徒2名が夏だけ来ています^^

市立伊丹3年女子と三田祥雲館2年女子の2名が夏だけシードタイムズに通塾^^

とくに受験生となる市立伊丹高生は中学生の時からずっと誠心館一筋。

現在の成績もいい感じで推移しているので、本人が希望する神戸市看護大もしくは兵庫県立大の看護に合格させてあげたい。

ちなみに、誠心館・シードタイムズは看護系には滅法強く、関西医科大、兵庫医科大、大和大、さらには労災病院や宝塚市立病院までかなりの確率で合格させてきた。

なので、とにかく塾と講師と自分を信用して、この夏は限界まで頑張ってほしい^^

高校受験と違い、大学受験はかなりの試練となるが、限界まで勉強する経験はきっと今後の人生の糧になるはず。

さて、暑い夏を乗り越えることができた受験生のみが手にすることができる「志望校合格」

何人が手にすることができるのか?

誠心館・シードタイムズの挑戦はつづく⚡

追伸

夏期講習中の2年生たちは、この夏に「覚醒」してくださいね❢

「受験の本質」が分かれば、あとはやるだけ。今からやれば全員が難関大に合格できるはず。

期待しております。

しばし、新規入塾や無料体験授業は休止⚡

さて、いよいよ夏休み。

高3生は、どこまで自分と向き合えるのか? 志望校合格へ向けての追い込みの時期⚡
泣くのも笑うのも、この夏の仕上がり次第。

全力で応援します❢

と言っても、夏だからと追加料金は発生しないのが、シードタイムズ流。
毎月の月謝だけで、合格まで導いてまいります(^_-)

保護者の皆様、ご安心ください。
学費は安くても、内容は充実しております^^

生徒の皆さんも毎日塾に来てください❢

で、逆に高2生に対しては夏期講習は選択制にしております。

ちなみに今回は大学入試の準備講座という名前の通り、いろんな内容をてんこ盛り^^
指導方法はもちろんシードタイムズ流。

週1回月曜日は予備校講師(河合塾)の1対1の個別指導。9月末まで9回シリーズ。
あとは教務主任たちによる週4~7回の演習+個別開設での特訓。+小テストや課題に進捗管理♪

かなりハードになる予定^^ 

わざわざ、夏期講習を申込してくれたので、生半可な内容にはしません。
徹底的に指導しまくって、2か月後の学校順位、また進研模試の偏差値を底上げいたします。

じゃないと、親御さんとしてはお金を出した価値がありませんからね。。。。。

私はほとんど誠心館におりますが、夏期講習参加者のカリキュラム・進捗管理は毎日チェックしますし、できていない場合は個別面談いたします。

まずは塾長や講師たちが燃えていないと生徒にも火がつきません・・・・

教務主任・講師の皆さん、この夏は全力でリードしてください⚡

追伸
また、夏期期間は誠心館の講師たちも時間を作ってシードタイムズの応援にも来る予定です^^

授業の必要性について

数カ月前のある日の出来事。

シードタイムズに足を運んでいただいた親子に私が塾の説明をさせていただいた。

すると、親御さんが質問された。

「授業はやらないんですか?」

私はそこで私なりの見解を述べさせていただいた。
さらに、昨年の実績から関学大、関大、近大の文理共に、授業中心ではなく演習中心の指導で偏差値アップさせて合格まで導けた実例をお話した。

その後、少しお話したあと、親御さんはおもむろに

「授業は必要ないのですか?」

そこで、もう1度塾の仕組みや勉強の在り方や指導方法を説明した。

しばし、大学受験について意見交換をしたあと、

ま、ま、またしても「授業がなくて本当に成績が伸びるのですか?」

私(・・・・・・・・・・・・・・・)

そこで、気づいた。

今回は子供が親を無理やり連れてきてるだけで、親として実際は入る気はさらさらないんだ~💧
子供の手前、断る(諦めさせる)理由を探しているだけみたいだ・・・(笑)

まぁ、うちとしては入塾の説明はするが、営業っぽい話はしたくないので、そのまま親御さんのいう「素晴らしい授業を受けさせることにより成績が伸びる❢」という持論を否定することもなく(もちろん肯定もしていませんが~💧)、お互い紳士的に別れることに~^^

ちなみに、
どこの塾や予備校も高いお金を貰っているので、お預かりした生徒の成績を伸ばすことに全力を尽くしていることは間違いない。
そして、その授業・指導・カリキュラムは塾・予備校が長年培ってきた実績から導かれたもの。どこに行っても大外れはない(はず)もし大外れの塾ならきっと淘汰されてなくなってるはずだし・・・

ということで、今回は思い出話からかなり脱線したブログになりました(^^;
で、最後のところは塾関係者・同業者なら共通認識のはずですよねー。

追伸
ちなみにシードタイムズの姉妹塾・誠心館では、毎年、東進ハイスクールをメインで通う生徒たちがサブとして「数学」「物理」だけを個別指導で受けてくれてます。大学受験の指導は東進さんなので、あくまでサポートのみ。

誠心館では、できることは何でもやる便利な塾を標榜しています^^

昨夜のミーティングを終えて

まず最初に生徒たちの成績と元気度を確認した。

すると、高2生二人があまり教室に来ていないし成績も伸び悩みしているらしい。

前回と同じ答え。

なので、本人たちにLINEで「塾長がお母さんと懇談するといってるけど、二者懇談にするのか?三者懇談にするのか?どうする?」と連絡させた。

人間だから、元気がないときもあるし、悩んでる時期もあるし、スランプの時もある。それが当たり前だし、逆に言えば健全な証拠なんだけど、ずっと落ち込んでたり、やる気がでないのは問題がある。

講師たちには常に生徒との会話を増やしてモチベーションを上げること。
常に生徒の顔色を見ながら「やる気」になるようし指導することを念頭に置くことをお願いしている。

やる気はないけど天才肌で常に成績がいい子も確かにいるが、大多数の生徒は「やる気度」が勉強の量と質に影響する。

ということで、春先には生徒と個別面談をしたが、今回は指名で保護者懇談をやります。
保護者様、お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いしますm(__)m

追伸
あと、夏期講習の意見交換も。 こちらもわくわく(絶対に満足させる自信あり💛)