~小学生の部の話~

誠心館は中・高校生の個別指導塾のイメージが強いけど、じつは小学生もいる。

さらに、公文や学研になじめない、学校の宿題ができない子たちもいる。

さらに言えば、不登校でコミュニケーションができない子までいる💧

だが、ご縁があった子は受け入れている・・・・(塾長判断)

塾の評判が落ちるという先輩塾長のお言葉もわかりますが、保護者様の悲しげな眼を見たら「なんとかしたい❢」と思うのが教育者の端くれでしょ~

ということで、あの手この手でやっているが、九九ができず、2桁の掛け算ができへんかった子が、文章問題もできるようになった(驚) 10か月かかったけど。今は平均点に。。。

さらに、挨拶ができず、さらにルールが守れない子(俗にいう問題児?)も、私の長男の独特の指導により、今は笑顔いっぱいの素直な子に変身した(半年ぐらいかかった?)

ちなみにルールを守れない子曰く「ルールの意味がわからない、なぜ、ルールを守るのか? ルールは誰が作るのか?」子供だから・・・やんちゃだから・・・ではなく、純粋に理解できていないだけで、大人を怒らすことが目的ではなく、単に大人の説明不足であることがわかった(反省)

勘違いしててごめんm(__)m 彼自身、なぜ、自分は理解されないのか悩んだと思う。とりあえず、うちの塾で預かってる期間中に彼を理解できてよかった。

ただ、私も11年で1000人以上の生徒と接してきたが、このようなタイプの子供は初めてだった。

教育・子供の世界は「奥が深い」と再認識する❢

誠心館の中身の話を少しすれば、

今年も中学生では学年1番の子を明石工業高等専門学校に合格させる❢

高校生では尼崎稲園高の子を北海道大学に合格させる❢(姉妹塾)という地域一番の進学塾という面はもちろん残しながら、公文、学研が無理、小学校の勉強にも落ちこぼれてる子もできる範囲でサポートしたい。

ただ、小学生のかなり勉強の遅れてる子は原則として既存の保護者様の紹介を優先で。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です