生徒の成績を眺めながら思うこと。

保護者様が自分の子供を塾に入れる理由はいろいろありますが、一番は絶対に成績アップ⇒当たり前。

塾も成績を伸ばすために限られた時間内で全力を尽くす⇒当たり前。

だけど、同じ指導をしても伸びる子と伸びない子がいる⇒当たり前。

全員が成績アップしないのも当たり前だけど、当たり前では済ませたくない!

せっかく、塾に来ているんだから、月謝分の成果は上げたい。

保護者様に誠心館にして「良かった!」とお礼を言われたい。

生徒に勉強の仕方が分かった、成績が上がったと喜んでほしい。

どこの塾長や教室長も同じことを考えてるし、実践していると思う。

だけど、大手塾や全国FC塾はマニュアルやルールの遵守、標準化・ブランドイメージ統一が大前提なので、ちょっと違うサービスやプラスアルファの作戦ができない。。。⇒当たり前というか常識!

だけど、個人経営の塾は塾長の考え方次第でなんでもあり(^_-)

一人ひとりの成績を眺めながら、

どう指導しようかな?
どの講師を担当にしようかな?
どうやってモチベーションをアップさせようかな?
どれぐらいまで成績が伸びるかな?

朝から珈琲を飲みながら、そんなことを考えていると<オン・オフ>の境目は限りなくありませんねぇ💧

とにかく、やりたいことが山盛り^^

受験生のサポートを一番にしながらも、新年度の段取りもがんばります。

保護者の皆様

よろしくお願いしますm(__)m