指定校推薦について考える

昨年と今年の生徒の話。

指定校推薦を使って大学を決めた生徒が行くのは

関西大
甲南大
武庫川女子大
追手門学院大
神戸女子大

という感じ。

皆、進研模試の志望校判定はE又はよくてDだった。。。

にもかかわらず、指定校推薦で学校に選ばれたら無条件(💧)で合格が確定する。。。。

おめでとう。だけど。。。。

化学が苦手なのに薬学部に合格。

英語が苦手なのに国際に合格。

そんなケースもが多々ある。

そんな生徒には

一旦、「良かったね❢」とは言うけど「合格はゴールじゃなくて、スタートだよ❢」

「大学の授業についていけるように、これからもしっかり勉強しよう❢」とアドバイスする。

塾長として、志望校に行けるのはいいことだけど、入学してからのことを考えるともっと勉強してほしい。

勉強するのは自分のため。

自分の進むべき方向が決まったら、その分野の勉強に邁進してほしい。

時間は有限だし、勉強することが新たな道を切り拓くキーなので。

いつも、そんなことを考えています^^